なんかの液がダラダラしているけどコレが意外に美味いんだなぁ(レア)

レア、マニア、カルトゲーム探訪。 まったり、のんびり、ゲーム記事を書くナリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XPでGTS250でも立体化

nVidia の新しハイエンドクラスのいビデオカード、GTS250を買ったら、古いドライバが使えなくなったので、ビデオドライバの新しいバージョンを入れなくはならなくて。そうすると nVidia StereoDriver Vista用しかリリースされていなかった件について…。

WindowsXPで使えるStereoDriverの最終バージョンは v91.31 なんですが、GeForce7950までしか対応していないんですねー。

せっかくの3Dモニタなのに、3Dでゲームが遊べないなんて!!
うち、WindowsXPなんですが・・・(涙

買ったばかりのKillingFloorが3Dで遊べなくてキビシー!! と思っていたのですが、iZ3D Driverというサードパーティ製ドライバを使い、KillingFloorOPTION画面から、DisplayRender Deviceを、【Direc3D 9.0】から、【Direct3D】 に変更することで、立体視できるようなったです~!

っと、ここでiZ3Dドライバについて解説しておきますね。

iZ3Dというモニタがありまして、そのドライバが凄いんです。
自社製モニタだけじゃなくて、他社製の3D形式まで対応してくれているという。
しかも、今まで3Dとは無縁の関係にあったATIのビデオカードにも対応しているらしい(私は未確認)
さらに、フルスクリーンモードのみではなく、ウインドウスタイルのゲームやアプリケーションにも対応!!
なんというビックリクオリティ


ウインドウモード対応で何がうれしいのかっていうと、LightWaveMetasequiaとかのような3Dポリゴンモデリングソフト等で、描画方式をDirect3Dにするだけで、立体形状がすごくわかりやすくなって、らくらくモデリング。

さて、前置きはこれくらいにして導入法をば。
↓つづく

iZ3Dモニタオフィシャルサイトダウンロードページから iZ3DDriverSetup.1.09.exe をダウンロードしてインストールします。
インストール途中Select Componentsという画面で、デフォルトでは iZ3D DirecX Driver(Default) が選択されていますが、ここではFull Instration を選んでおきましょう。※ここ重要

そうする事によって、水平ラインマイクロポール方式、垂直ラインマイクロポール方式(ZALMAN ZM-M220Wをチルトしたときに使える!)、液晶シャッター方式、VR920 HMD、Dual Projector、Anaglyph、3D DLP(ATI RADEONシリーズ用)などの立体視方式が選べるようになります。

インストール完了画面で、「iZ3Dモニタがつながってませんよ?」という英文の警告メッセージが出ますが、「はい、そうですね」と言いつつ[OK]を押しておけば問題ないです。

これでインストールは完了です。


iZ3D Driverは、今の 最新版はV1.10RC1 ですが、うちで実験した限りでは、ver 1.09のほうが安定動作するようです。
(V1.10RC1は、いくつかのゲームでフリーズしていた)

あとは、ゲームなどを起動する前に、タスクトレイにあるiZ3D Control Centerダブルクリックなどして、コントロールセンターを開いてください。
DirectXの設定のを開き、
Ebabke Stereo 常にステレオモード
Ebabke Stereo by Hot-Key(テンキーの*を押すとステレオモードになる)

このどちらかにを設定しておくと良いでしょう。
Disable Stereo は言わずもがな、ステレオモードオフです。



そして、その下の Stereo Output のプルダウンで、

  • VR920 HMD の人は、 VR920(beta) を選択。

  • ブラウン管モニタに液晶シャッターグラス の人は、 Shutter(beta) を選択。

  • eMagin Z800 3D Visor の人も、 Shutter(beta) を選択。

  • ZALMANの3Dモニタ の人は、 Interlaced 。2つ目のボックスで Horizontal を選択。

  • ZALMANの3Dモニタを縦 にして使ってる人は、Interlaced 。2つ目のボックスで Vertical を選択。

  • 赤青メガネに萌え萌えな人は、Anaglyphを選択。

  • ATI RADEON のビデオカードを使っている人は、ATI 3D DLP(Free for ATI Radeon)を選択。


そして、右下の[Apply]を押して設定を登録し、コントロールセンターの右上の閉じるボタンで最小化しておきましょう。

さぁ、ゲームへいってらっしゃーい。

ゲーム中、コンバージェンスは、[Shift]を押しながらテンキーの[+]で加算。[Shift]を押しながらテンキー[-]で調整できます。
セパレーションテンキーの[+]と[-]で調整します。
[Ctrl]+テンキーの[/]で、画面中心にレーザーサイトが表示されます。


GTS250で行けるんだから、GTX260GTX275GTX280GTX285GTX295 とかでも、多分同じ方法で行けるんじゃないかな。


以前まで使っていたGeForce7900では、nVidia製のStereoDriverと、iZ3D製ステレオドライバを、それぞれオンオフ切り替えてフィーリングが良い方で使えたりして便利だったんだけどねー。

GeForce7900 の時に、両方のドライバで実験してた時の印象ですが、
立体視フィーリングは、私には、nVidia StereoDriver の方が、飛び出し感が強くて迫力があるように感じましたね。

iZ3Dドライバは、飛び出しよりも、奥行きと広がりがある感じかな。
しかし、iZ3Dドライバ でも、セパレーションコンバージェンスうまく調整すれば、ほどよい飛び出し感になるのかなぁ?
そのうち実験してみよう…。

あと、ゲームによって、nVidia版StereoDriverでだけ立体化できるソフトとか、iZ3D版ドライバでだけ立体化できるソフトとかあるので、両方使える状態がベストだと思いますね

今のビデオカードで、nVidia版ステレオドライバと、iZ3D版ステレオドライバの、両方を使い分けたいので、WindowsVistaを買ってきたけれども、WindowsVistaって使いにくい!!

使い慣れないせいか?
いや、根本的に何もかも操作体系が違いすぎるような気がする。
なので、まだ全然、環境構築が進んでないです。
Vistaへの道は遠い、とても遠いです(涙
Windows7だと、もっと使いにくかったりするのかな…(・-・)?


私が現在使用中のビデオカード
搭載メモリ1GBバージョンです。
わりとコストとパフォーマンスのバランスが良いのではないでしょうか。
このスペックのものを買っておけば、廃Qualityゲームでも、数年先まで行けるんじゃないかと思っている私です
ELSA ビデオカードELSA GLADIAC GTS 250 1GB GLADIAC GTS 250 1GBELSA ビデオカード
ELSA GLADIAC GTS 250 1GB GLADIAC GTS 250 1GB

¥ 18,720
エルザ

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lalamayer.blog59.fc2.com/tb.php/34-2de120a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。