なんかの液がダラダラしているけどコレが意外に美味いんだなぁ(レア)

レア、マニア、カルトゲーム探訪。 まったり、のんびり、ゲーム記事を書くナリ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺で絶体絶命都市 PROTOTYPE

今日お題は、超能力者?超人?を操作して、派手なアクションを繰り広げるサードパーソンゲーム。
PROTOTYPEです。
PROTOTYPE title

このゲームは、プレイヤーキャラクターの背後にカメラ視点があって、キャラクターの動きにあわせてカメラが追従するタイプのサードパーソン(三人称視点)ゲームです。
コンシューマーゲームによくあるタイプですね。


本来、私はサードパーソンはあまり好んでプレイしないのですが、このゲームは、画面上を歩き回ったり動き回ったりしている大量のキャラクターや、あらゆる破壊できるオブジェクト、そしてさまざまな物理演算などに興味を持ってしまい、ついついプレイしてしまいました。


※私がサードパーソンが苦手な理由は、主人公に対してカメラが横や前に来ている状態などで、主人公が見えているはずの視界の先がプレイヤーからは見えず、そっちから攻撃を食らうという不条理さが苦手なんです


今回のレビューでは、主にゲーム性よりも技術面に焦点を当てて行きたいと思います。

プレイしてみて驚いた事は、プレイヤーキャラクター意外のキャラクター同士でも、相互にぶつかったり被弾したり、車にひかれたり、戦ったりして、そこかしこに物理演算が発生している事。

イベント・ドリブン・フィジック (イベント駆動物理)ではなく、フィジック・ドリブン・イベント (物理駆動イベント)に近い処理を行っている。
プレイヤーが何かに干渉しなくても、自然にあちこちで物理運動が発生している。

町中あちこちで、戦車の砲撃やら謎の戦闘員のロケットランチャーやら、プレイヤーキャラの投げまくった車とかで阿鼻叫喚、あちこちに転がる死体といろいろなものの残骸。

もうね、なんかね、HEROESのサイラーになった気分ですよ!



このゲームエンジンを作った人はかなりすごいと思う。

戦車が出てきて砲弾を撃ったとする。
着弾点に車があったりして、車に被弾して爆発炎上し。
車の周辺にいた人(ゾンビ)が、ラグドールっぽい処理で吹き飛ぶ
近くにあった車は爆風のあおりをくらい、車のボンネットが少し浮き上がって、その後重力にひかれて元の位置に戻ったり。


もう、物理演算バリバリですよ。

たぶん、PhysXを多用しているんだと思う。
PhysX対応してないビデオカードでプレイした時はフレームレートが出なくて、ゲームがガクガクしてたから(苦笑)

今回は実況プレイ動画を作成してみました。


実況プレイ動画、ドキドキです。はたして、どんな風に叩かれるか(汗
記事の続きはこちら↓

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:PROTOTYPE - ジャンル:ゲーム

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。